トマトが突風で折れてしまった

ベビーリーフ育苗装置の制作
2016-07-30
ベランダ柵用塩ビパイプ育成装置の作成 その2
2016-08-02

この記事とかこの記事で花が咲かないと言っていたフルーツルビーEXですが、無事花が育ってきました。

7/29には

こんな感じに順調に花をつけはじめ、他にもいくつも花房ができはじめました。

20160729

7/31の今朝はもっと大きく花をつけ

そろそろ木と呼んでもおかしくないくらい大きく育ちました。

高さ2.2mほどの物干し竿にもう少しで届く勢いです。

と、順調アピールの記事を書こうとしていた矢先、東京に局所的な強風と大雨のがやってきました。
天気のアラートをメールで知らせてくるようにしているので、事前に誘引具合をチェック、数日前に防風ネットも貼ってあります・・・が甘かったです。

雨が降ったのはほんの数分、風も数回強いのが吹いた程度だったんですが見事に倒れました。
下の脇芽がかなり育って重かったのに、その枝を誘引していなかったのが原因だと思います。

4枚目のつぼみの写真の花房をつけていた枝だったのですが、根元からぽっきりいかれました。
折れて数分、あわててペットボトルに水を張って根元をつけてはありますが、挿し芽にできたとしても花はもうダメだと思います。
折れて数分でこのぐったり具合、見てて申し訳なくなります。

折れた根元の株側は裁定された街路樹でよくみかけるような状態になってました。

ソバージュっぽくに育ててると保護もかねて誘引しっかりしないとダメなんですね。
頑張って育ってくれてるのに自分の知識不足でダメにしちゃってごめんよ。

本株のほうは第三花房が綺麗に消え去りましたが、他に目立ったダメージはないようです。
ソバージュにしてて現時点で4本仕立てくらいになってたんで、一番下を裁定したと思えば・・・いややっぱり後悔が残ります。

折れた枝ですがなんとか復活させる方法と、無理そうですができれば花も残してやりたいのでなにかアドバイスございましたら頂ければ幸いです、といっても出来たばかりのこのblog、どれだけの方の目に触れてるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。